安全の取り組み

運輸安全マネジメント

平成31年度 稲垣運輸株式会社 運輸安全マネジメントの情報公開内容
(事業年度 令和 3年4月1日 ~ 令和 4年3月31日)

1.わが社の輸送の安全に対する基本的な方針

  • 全従業員に対して、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、その実現のため経営トップが主導的な役割を果たし、全従業員が一丸となって取組み絶えず安全性の向上を図る
  • 輸送の安全に関する取組み状況等の情報について、積極的に公表する
  • 安全に対する基本的な方針及びそれに基づく目標・計画を従業員に周知徹底する
  • 公共の道路を使用して仕事をしているという認識を常に持ち、運転に関する知識・技能の研さんに努め交通人身事故の防止を図る
  • プロドライバーとしての自覚を高め悪質違反(酒酔い運転、酒気帯び運転、過労運転、薬物等使用運転、無免許、無資格運転、過積載運行、最高速度違反、救護義務違反)を絶対させない

2.輸送の安全に関する目標

  • 交通事故の減少目標 (同 本社営業所・新座営業所)

    ア.重大人身事故(第一当事者):ゼロ
    それ以外の人身事故 対前年度比:同 ゼロ
    イ.物損事故 対前年度比:10%減

  • 輸送の安全に関する投資額

    ア.衝突被害軽減ブレーキ装置の導入:3個 予算額 1,650,000円
    イ.後方・左側方部視認カメラの導入:3個 予算額 600,000円
    ウ.車両横滑り時制動力・駆動力制御装置の導入:3個 予算額 360,000円
    エ.再帰反射材の導入:3個 予算額 150,000円

【令和 2年度 輸送の安全に関する目標の達成状況】

  • 交通事故の結果
    ア.重大人身事故(第一当事者):ゼロ
    それ以外の人身事故 0件:達成
    (うち本社営業所0件 新座営業所0件)
    イ.物損事故 2件から6件 未達成
    (うち本社営業所4件 新座営業所2件)
  • (2)安全への投資結果
    ア.衝突被害軽減ブレーキ装置の導入
    3個 投資額 1,650,000円
    イ.後方・左側方部視認カメラの導入
    3個 投資額 600,000円
    ウ.車両横滑り時制動力・駆動力制御装置の導入
    3個 投資額 360,000円
    エ.再帰反射材の導入
    3個 投資額 150,000円

3.事故に関する統計(令和 2年度)

総件数:8件(人身:0件、物損:6件、自損:1件、商品:1件)
(うち 本社営業所 5件 新座営業所 3件)
自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計:0件

【令和 2年度 事故に関する統計】

総件数8件(人身0件、物損6件、自損1件、商品1件)
(うち本社営業所5件 新座営業所3件)
自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

4.輸送の安全に係る処分
(輸送の安全確保命令、事業改善命令、自動車その他の輸送施設の使用停止処分、事業停止処分)

(1)処分の内容 (2)処分に基づき講じた措置(対策)